Profile Photo
About
cocobeautea:

Just what the doctor ordered 

cocobeautea:

Just what the doctor ordered 

(元記事: greyandblak (suzukichiyoから))

(元記事: kanasiiyo (megazalから))

" 川崎は風俗と肉体労働者とホームレスの街だ。

 川崎駅東口にはヤクザ通りと風俗通りがあり、川崎警察署から50mも離れていないところにヤクザが住んでいる。ピカピカに磨かれた高級車が何台も停まっている。川崎で大地主と言ったらその筋の人だ。近くに風俗店が立ち並んでいる。ピンク色のネオンに彩られた通りは、陽が当たらず、どこか空気が淀んでいる。

 住んでるうちに一度は風俗に行ってみたかった。怖いけど行ってみたかった。金がなかった。

 駅周辺にはバスターミナルがあり、肉体労働者を出迎える。主婦、若者、ハゲたおっさんが並ぶ。バスで20分ほどの距離に工場密集区があり、低い時給で小遣い稼ぎができる。優しい人、喋らない人、自分の世界に閉じている人が主なメンバーだ。

 ヨドバシ、イオン、佐川急便など、大企業が行うサービスの末端を担う。この仕事を1年以上続ける人はかなりの変人か、他に行き場所がない人だ。磨り減っていく靴底のような生活がしたいなら応募してみると良い。俺達は前線の兵隊だ。

 夜勤が終わり、朝日に眼を絞りながら帰宅する道すがら、路上で石のように眠るホームレスを眺める。彼らは空き缶を集め、工場に売りさばくことで糊口を凌いでいる。女性のホームレスも見かけたことはあるが、公序良俗の視点から彼女達は保護される。そして、男は無視される。警察にも無視される。それが彼らの特権であり、税金のようなものに思える。

 差別ではない。俺達は何も見ていないからだ。

 駅周辺は開発が進み、非常にクリーンな街になっている。チッタ周辺のスターバックスには連日楽しそうに談笑する男女が集っている。美男美女が多い。ラゾーナ川崎には家族連れが休日ごった返す。

 楽しそうで何よりだ。俺はこの2年間、良い思い出がなかった。色んなことに挑戦しようとして、挫折した記憶がフラッシュバックする。

 引っ越しの前日、夜の川崎を散歩した。

 居心地の悪い記憶しかないのに、なぜだか寂しく、心もとないもどかしさがこみ上げてきた。

 なんだこれは?

 寂しいわけあるか。間違いなく、人生で1番辛い2年間だった。何もできず歳を重ねるのがこんなに辛いとは思わなかった。

 夏から秋に移り、少し肌寒いと感じるこの街の空気が名残惜しい。

 なんだかよくわからない。

 また、機会があったら来よう。"
"

水分補給に特別な配慮が必要なのは、乳幼児・学童・高齢者だ。
たとえば乳幼児は自分の意志で水を飲むことができない。
ミルクを飲んでいるからと安心していると脱水症状になることもある。
また、高齢者はノドの渇きを感じにくいため、自分でも気づかないうちに脱水症状を起こすことがる。飯野教授は

  • “この時期の脱水症状のサインとして重要なのは脇の下の状態”と話す。
  • 脇の下は普段からわずかに湿っているものだが、寒くもないのにカラカラに乾くのは、脱水症状のサインと考えていい。
このほか、[立ちくらみ]や[便秘]もあるので要注意だ。"

7at1stroke:

0次郎 ‏@zerojirou  

ヤベーよ…幸福の科学学園の”応援歌”マジヤベー…作詞がキリストで、作曲がモーツァルトだぜ?こんな豪華な歌、世界中探しても見つからねーよ…あと歌詞の「ファイト! アンド ファイト!そしてまたファイト!」がじわじわ来る…ヤベー… pic.twitter.com/tC30NcmSX9

(oki-a-34から)

"

※ 女子高生殺害犯はマンションで1人暮らし 父親は地域の名士で、裕福な環境で育った
http://www.j-cast.com/2014/07/28211592.html
*高1殺害、長崎県教委が命に関する教育検証へ
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140728-OYT1T50078.html?from=ycont_top_txt

 サイコパス気質を窺わせるものがありますね。女性のサイコパスは少ないけれど、いないわけじゃない。恐らく、母親の死と父親の再婚が犯行の引き金でしょう。この世代の子供には、これはダブルパンチをもたらす。
 県教委やマスゴミもバカじゃないから、ディテールをちょっと聞いただけで、ああこれはサイコパスだな、別に憎悪とか、二人の関係とか全く無関係だな、と解るでしょう。
 でも、「サイコパス」ってのは、限りなく放禁用語に近くて、しかも専門家が診断を下す前にそれを言うわけにもいかない。だから社会ってのは、その動機を本人の心の闇ではなく、社会の側に求めようと必死になって、受け手である視聴者や地域住民との間に受け止め方の乖離が起こる。

 サイコパスやソシオパスというのは、一定の確率で社会に出現するわけで、教育者側は、命の大切さの教育とかくだらんことを考えずに、早い段階で、そのサイコパスを発見し、専門家に委ねる措置を考える方向に行かなきゃ駄目よ。そうしないと、悲劇は防げないし、何より本人のためにならない。
 治療すべき問題を、教育では解決できない。文科省はその現実を認めて、クラスの中で、いち早くサイコパス傾向を見付けて専門家に委ねるためのガイドラインを作るべき。

"